辻庵
辻庵でのゆるき流れを、軽〜くね
切り返し

今年第一弾の味噌仕込みから早2ヵ月弱。

この辺で「切り返し」をします。

全体を混ぜ変えることにより酵母の働きが活発になるのだとか。

またしばらくねかせます。

MIYATA でした。


スポンサーサイト

Type ER

パンよりごはん党の私でも月に1度や2度パンを買う訳でして。

そんなに買う機会がないのでいつも大体決まったパン屋さんを利用しています。

夕方遅くに行っても豊富な品揃えがあり、イートインではコーヒーサービス、さらに安くてオイシイ!

そんな素晴らしいお店なのですが、さらにある時

「北海道産小麦と湘南産小麦をほとんどの商品に使用することにしました」との貼り紙。

衝撃でした。

沢山のパンを作るパン屋さんですら国産で頑張ろうとしているのに…。

棚上げにしていたことをズバリと衝かれた思いでした。

にもかかわらず…。

そう思ってからどれ程の時が経ったでしょうか…。

あれこれ迷い…。

やっとやりました。

「ほとんど国産のグラハムパン」。

外国産の残りをいれたので「ほとんど」。

このあと「酒かすパン」も国産に切り替えて参ります。

その時はまたお知らせ致します。

「辻庵らしさを形に。」

MIYATA でした。

※Type ER は某社の準強力粉の商品名です。



いちご酒漬けました

小粒で安いいちごが出回り始めたら、いちご酒を漬ける時季です。

ホワイトリカーだけだと味気ないのでラム酒を少し効かせます。

思いの外早く仕上がるので、もしかしたら先日仕込んだキンカン酒と同じ頃に仕上がるかもしれません。

いちご酒ですが暖かくなってきて露地物が出回り始めたら、もう一度漬けようかと考えております。

MIYATA でした。



キンカン煮ました。

今日キンカンを煮ました。

やりはじめの頃は「まあ売れないだろう。」

とたかをくくっていたのですが、思いの外オーダーがくるので

気が置けないお客さまに聞いてみると

「自分じゃやらないから。」

とのこと。

なるほど。

新メニューを考えるときのひとつのヒントをいただいた瞬間でした。

今回はあれこれ他の事を考えつつ浮気をしながら事を進めたので段取りをミスり仕上がりにも若干の影響が…。

味にはなんの問題もありません。

気になる種もほぼほぼ取り除きました。

思いの外栄養価が高いというキンカン。

試しにお一ついかがですか?

MIYATA でした。



手前みそ

待ち焦がれていた大豆「津久井在来」が

にこにこ農園の井上さんから届きました。

津久井在来は神奈川県の地大豆です。

早速手前みそを仕込みました。

出来れば来年の正月位まで寝かせたいと思います。

ちなみに去年の春に仕込んだ物を来月から形にして オンメニューしたいと思っています。

今回仕込んだ味噌のスペック

大豆「津久井在来(にこにこ農園)」

塩「沖縄の塩しまマース(沖縄、溶解、平釜)」

糀「石野味噌(京都)」

MIYATA でした。