辻庵
辻庵でのゆるき流れを、軽〜くね
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


煮豚。


この料理は、イタリア料理のボッリートと言う、豚足や骨付き鶏などを入れ茹であげていく料理をアレンジした物だが、私のお気に入りの料理である。
煮豚は、茹であげてからすぐが美味しいので、なかなか通常メニューでご提供ができないが、ご予約コースのメイン料理として続けて行こうと思う。
豚の肩ロースの塊をこんがり焼いて、コトコト茹であげるシンプルな料理。
豚を茹であげてから、香草香味野菜の入った煮汁を焦げない様に詰めて行く。
まるでフランス料理のフォンドヴォーの様なトロっとした、濃厚なソースに仕上がる。
トマトや、クリームをいれて、ソースを仕上げてもよいのだが、あえて豚本来の旨味だけで勝負している。
我ら辻庵の料理としては、そんなシンプルで、少し田舎っぽい料理の方が似合っている気がする。
もっと多くのお客様に味を知って頂きたいのだが、何か良い方法がないか模索中である。
ogawa
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://tsujian.blog37.fc2.com/tb.php/65-b8cfb20d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。